広島市の探偵・浮気調査会社 (広島県全域に対応)
24時間365日ご相談・お見積無料!
どんなことでもお気軽にご相談ください

探偵ブログDetective Blog

2019年01月14日

かもめ探偵社 広島 ちょっと気になる探偵ブログ 探偵は家庭のホスピタルです

広島にお住いの皆さま、このブログは「広島・かもめ探偵社」の経験豊富な調査員が探偵業界の様々な裏事情や経験をご紹介するブログです。離婚や浮気問題に悩まれている方の少しでもお力になれるような情報や探偵業界の裏話などを発信しているので他の記事もぜひ目を通してみてください

今回は探偵に依頼する「価値」(経験豊富な腕のいい探偵に限ります)についてお話させていただきます。

家庭が浮気問題を抱えて場合、あなたならどうしますか?なんの問題のない家庭が健康体であるとすれば、浮気問題を抱えた家庭は病にかかった状態といえます。病は早期発見して早期に治療をすることで病状の悪化を防ぐことができ病気を治すことができますが、放置していたら病状は悪化し最悪の場合、死に至るかもわかりません。家庭に例えるなら浮気問題を放置していたら離婚をする確率が上がっていきます。浮気に気が付いているにも関わらず放置していたら夫婦の溝は少しずつ少しずつ深くなり関係を修復できなくなるまで状況は悪くなっていくはずです。病気と違い死ぬことはないのですが大切な家庭が少しづつ壊れていきます。また離婚になると経済的な損害も大きくなり家を売却したり最悪の場合は自己破産しなくてはならないケースも少なくありません。夫婦が協力して子育てをし、老後も支えあいながら暮らす場合と離婚をして片親で子育てをして老後は別々に暮らすのでは明らかに経済的にお互いが困るケースが増えてきます。浮気問題を放置していくと、そのリスクは最後は病気と同じかそれ以上に大きなものになっていくのです。

そこで病気になれば死なないために病院に行くように、浮気問題を抱えた場合は離婚をしないように早めに「探偵」に浮気の証拠を撮ってもらい適切な対応をとることが賢明です。私の経験からも浮気発覚後、すぐに証拠を押さえ適切に対処をすればほとんどの方は離婚を回避します。このブログの別の回でも取り上げましたが、離婚したくない方が証拠もないまま弁護士に相談に行っても問題は解決できません。私たちは依頼人によくこんなたとえ話をします。「浮気をしているパートナーは頭の病気にかかっていると思ってください」と「浮気相手はパートナーの頭にとりついた病原菌かウイルスか癌細胞ですよ」「浮気の証拠はパートナーの頭を治す抗生物質であり抗がん剤です。」「まずは証拠を使い浮気相手を徹底的にたたきましょう」そうして浮気相手を攻めていけばほとんどの浮気相手は逃げ出していくのです。病原菌がいなくなったパートナーは時間とともに元の人格を取りもも出していくはずです。

探偵は証拠を押さえ真実を明らかにしていくことが本来の仕事なのですが、依頼人の多くは証拠を押さえることが最終目的ではないはずです。経験豊富な腕のいい探偵は証拠をしっかり押さえることはもちろん、依頼人の気持ちに寄り添い依頼人の最終目的を達成させるためのスキルと経験を持っています。

かもめ探偵社はある意味、家庭のホスピタルだと思い日々、探偵調査業務に励んでいます。離婚を回避したい方は是非1度ご相談ください。

かもめ探偵社

0120-991-992

広島市南区西蟹屋4丁目4-26 平勝ビル1階

広島マツダスタジアムすぐ近く  相談無料